おかやま和牛肉の紹介 お肉の豆知識 レシピ 指定生産JAの紹介 指定食肉店の紹介 指定外食店の紹介 TOP
マスコットキャラクター  
お問い合せ お問い合せ お問い合せ お問い合せ
メニューへ
 
堅い肉のおいしい食べ方は充分に煮込むこと。肉のうま味は外に出てしまいますが、その分、野菜類にうま味がしみ込んで、格別な味わいとなります。
 
◆材料
牛すね(厚さ2cm) 400g
大根 300g
里芋 300g
にんじん 100g
ねぎの青い部分 少量
にんにく・しょうが 1かけ
サラダ油 大さじ4杯
<合わせ調味料>  
しょうゆ 大さじ5杯
日本酒 大さじ2杯
砂糖 大さじ2杯
◆作り方
1. 肉は、2cm角に切ります。
2. 大根とにんじんは、肉とつり合う大きさの乱切りにします。
3. 里芋は、皮をこそげ取り、小さいものはそのまま、大きいものは適当な乱切りにし、塩を少し加えた熱湯で固めにゆで、ざるにあげてぬめりを水で洗います。
4. 鍋にサラダ油を熟し、ねぎの葉と包丁の腹で叩きつぶしたしょうがとにんにく、肉を入れて、強火で全体に油がまわるまでよく炒めます。
5. 鍋の具が隠れるはどに水を加え、中火で肉が柔らかくなるまで煮てから、里芋と調味料を入れます。弱火にして里芋がすっかり柔らかくなるまで更に煮込んで下さい。
最後に、強火にしてさっと煮汁をからませ、照りを出します。
6. 肉は、ネック、ばら、かたなどの堅い肉を使ってもよいでしょう。