おかやま和牛肉の紹介 お肉の豆知識 レシピ 指定生産JAの紹介 指定食肉店の紹介 指定外食店の紹介 TOP
マスコットキャラクター  
お問い合せ お問い合せ お問い合せ
メニューへ
 
生丁肉の細切りとなすをウスターソースでいり煮した、酒の肴にも合う−品。肉は、包丁で細かく叩いて使うと、ひき肉よりも口当りがよくなります。
 
◆材料
牛かた(かたまり) 200g
なす 10個
玉ねぎ 1/3個
にんにく 1かけ
唐辛子 1個
にら 30g
ラード 大さじ7杯
<合わせ調味料>  
スープ 1/2カップ
ウスターソース 大さじ1杯
砂糖 少量
小さじ1杯
◆作り方
1. なすは、皮をむき縦2つ切りにし、水にさらします。アクが抜けたら、丸みのある面に、火が通りやすいように斜めの格子状に切り込みを入れます。
2. 肉は5mm角の粗いみじん切りにします。
3. にんにく、玉ねぎ、にらはそれぞれみじん切りにしておきます。
4. 熟した中華鍋にラードを入れ、にんにくと肉を強火で手早く炒めてざるに取り、油をきります。
5. 鍋をきれいに拭いたらラードを入れ、種を除いた唐辛子を入れ、弱火で炒めて辛みが出たら、黒くなった唐辛子を取り除きます。
ここに玉ねぎとにらを入れて手早く炒め、なすを加えて柔らかくなるまで炒めます。
6. 鍋を拭いてラードを入れ、ブロッコリーとスープ、塩少々を加えて炒めたら、
ざるにあげます。
7. 肉を鍋にもどして、合わせ調味料を入れ、混ぜながら煮汁がなくなるまでいり煮します。
※肉は、ももやかたロースでも可。